□ RGC-80 GM CANNON ジム・キャノン
E.F.S.F. MASS PRODUCTION TYPE MIDDLE-RANGE SUPPORT MOBILE SUIT

HG_RGC80_01.jpg

【続きを読む】
スポンサーサイト
□ MSM-04 ACGUY アッガイ Vol.2
PRINCIPALITY OF ZEON MASS PRODUCTIVE AMPHIBIOUS MOBILE SUIT

HG_MSM04_vol2_01.jpg

【続きを読む】
□ MSM-07S Z'GOK シャア専用ズゴック
PRINCIPALITY OF ZEON CHAR'S CUSTOM TYPE AMPHIBIOUS MOBILE SUIT

HG_MSM07S_11.jpg

【続きを読む】
□ RGM-79 GM ジム
E.F.S.F. MASS PRODUCTIVE MOBILE SUIT

HG_RGM79_05.jpg

【続きを読む】
□ MSM-04 ACGUY アッガイ
PRINCIPALITY OF ZEON MASS PRODUCTIVE AMPHIBIOUS MOBILE SUIT

HG_MSM04_06.jpg

【続きを読む】
□ RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 ブルーディスティニー1号機
E.F.S.F. FIRST PRODUCTION MOBILE SUIT CUSTOM TYPE

HG_BD1_01.jpg

【続きを読む】
□ MSA-003 NEMO ネモ
A.E.U.G. MASS PRODUCTIVE MOBILE SUIT

MG_MSA003_01.jpg

【続きを読む】
□ MSZ-006 Z GUNDAM Ζガンダム
A.E.U.G. ATTACK USE PROTOTYPE VARIABLE FORM MOBILE SUIT

MG_MSZ006_01.jpg

【続きを読む】
□ PMX-003 THE-O ジ・O
JUPITORIS PROTOTYPE MOBILE SUIT

MG_PMX003_07.jpg

【続きを読む】
□ MS-06F ZAKUⅡ 量産型ザク
PRINCIPALITY OF ZEON MASS PRODUCTIVE MOBILE SUIT

MG_MS06F_01.jpg


【続きを読む】
□ XXXG-01W WING GUNDAM ウイングガンダム
HIGH SPEC TRANSFORMABLE MOBILE SUIT

MG_XXXG01W_01.jpg

【続きを読む】
□ MS-06S ZAKUⅡ シャア専用ザク
PRINCIPALITY OF ZEON CHAR AZNABLE'S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG_MS06SCA_01.jpg
【続きを読む】
W_MS06F_02.jpg

W_MS06F_03.jpg
足首。ヒケが目立つのと、エッジの変な面とかの削り落とし、C面の処理などなど。
○モールドは後で開口してディテールアップパーツ入れます。
次は膝関節~脚部だけどここはあまり何もない気がするw

W_MS06F_04.jpg
脛装甲です。なんでここってこんなに反り返ってるんでしょうか??
シャアザク作ってるときから不思議だったんですが・・・。
がっつり削り落とします!

W_MS06F_05.jpg
頭部ひさし下面に0.5ミリプラ板を貼ってます。
フロントアーマーは1ミリプラ板を貼って横方向に大きくしてます。
W_MSA003_01.jpg
はい、いきなりですが、MGのネモですw
基本処理終わらせた状態でMGのZVer2.0と並べてみました。
とにかく背が低い!一緒に並べるとすごく違和感があるので脚を延長したいと思います。
ただ出来る限り手間かけたくないので、なんとかしてフレームだけ延長する方向でいきます。

W_MSA003_03.jpg
太ももフレームです。股関節のところで上下に切断、2ミリ延長しています。
装甲を取り付けるピンのちょうど上側なので、装甲を弄る必要はありません!
かなりガチガチに接着しちょりますが、強度的には不安が・・・w
画像の反対側にプラ板を貼って補強しておりますがどうなることやら・・・。

W_MSA003_04.jpg
脛側です。こっちは大変でした。
足首のシリンダーがあるので、足首の軸、各シリンダーの受け側と、
各部装甲を取り付ける部分でジグザグに切断して2ミリ延長してます。
アポジモーター下のグレーの部分はフレーム風に補強もかねてエポパテ盛ってます。
あとふくらはぎのスラスター側と足首フレームの間で切断してるので隙間が開きました。
そのままだとかなり不安なのでそこもエポパテをつめて埋めています。

W_MSA003_02.jpg
で、組んでみたのがこちら!
脚が伸びてスマートになりました!!
ちょっと足首のとこで浮いてるような気もしますがキニシナイキニシナイwww
あと首の取り付け位置も後ろに1ミリほど移動させております。

W_MS06F2_01.jpg
説明書通りにまずは胸部から。
紺色のパーツの内側のバンダイエッジを消しました(左が加工後、右はそのまま)
首の基部パーツも胸に繋がる部分にエッジがあるのでやすりがけで消してます。
左右胸の張り出しはエッジをたてています。

W_MS06F2_02.jpg
腰アーマーです。めっさ分かりにくいですね(=ω=;)
ここは裾の部分に全てC面があるので全部削ってシャープにしてます。
左が消した後、右がそのまんま・・・ってわからねぇぇぇ。

W_MS06F2_03.jpg
ちょと飛びますが、腕も完了しました!
肩とかはエッジを立てて、前腕の○モールドは抜きの関係か
相当甘いのでピンバイスで深くして、スパイクは削って尖らせてます。
スパイクアーマーの淵は薄くするか悩んだのですが、打突兵器なので
頑丈だろうという事で薄くしてません。

W_MS06F2_04.jpg
脚です。白いパーツの淵のバンダイエッジを消してます。
黒い方も同じく消してます(左が加工後、右が加工前)

W_RGC80_01.jpg
旧キットとニコイチで進めます。まず大きく違う場所の脚部。
旧キットと比較すると、後ろ側が長いですね。

W_RGC80_02.jpg
また、足首側の間口がかなり広いです。

W_RGC80_03.jpg
ひざ関節の位置をもとにして下端を切り、”左右分割式の増加装甲”を
再現したいと思います。イメージは例によってRECKLESSのジムキャノン。

W_RGC80_04.jpg
とりあえず下端を切り飛ばし、かぶせてみます。
このままだと後ろに出っ張りすぎで、しかもスネのフレアが広がりすぎなので
後部は切り飛ばし、プラ板にてライン修正、左右の厚みは裏打ちして削り込みます。

W_RGC80_05.jpg
で、その結果が左側。黄色いのはポリパテです。これくらいの前後幅なら
足首とのラインの繋がりもまだ自然ですね。

W_RGC80_06.jpg
足首アーマーの後ろ側をプラ版にて作成。
レジンで複製しました。左がレジン、右が原型。

W_RGC80_07.jpg
レジン複製したものを装着してみました。
複製したものの、結局かなり形状変更してます。

W_RGC80_08.jpg
大まかな形が大体出揃った状態です。
W_RGM79_01.jpg
ジムの足首側の関節はかなり大雑把なのでHGUCからコンバート。

W_RGM79_02.jpg
胸は引き出し式関節のあるガンダムのものを使用。
胸部フィンは溝を深く彫り、削り込みでエッジを立ててます。
肩アーマーはFG等に似た形になるように面を修正してます。

W_RGM79_03.jpg
前腕は左右が丸みを帯びているので削りこみでシャープに。
手首の関節部分は別にカバーパーツをつけるので、削り落としています。
ちなみに画像はないですが、上腕も丸いので削ってます。

W_RGM79_04.jpg
腰アーマーをHGUCガンダムからコンバート。
ふんどしブロックをぶったぎりぺったんこに。
フロントアーマーのヘリウムコアのあった部分はパテで埋めて面一に。
頭部は耳の部分をくりぬいて、市販パーツに置き換えます。
基本形状は完成したので後は表面処理とディテール入れになります。

W_RGM79_05.jpg
肩アーマーにカトキ風の段落ちディテ、上腕や前腕にも筋彫り等追加してます。
胸部は左胸だけ完了。

W_RGM79_06.jpg
襟の肩の部分とか胸の横の部分とか脇の下とかちまちま入れております。
一応上半身はこれで完了で、はみ出た筋彫りとかの修正をやっていきます。

W_RGM79_07.jpg
太ももと脛がほぼ完了です。

W_RGM79_08.jpg
ふくらはぎ下にカトキジムとかにあるスリットも入れてみました。

W_RGM79_09.jpg
ふくらはぎの膨らみに沿ってディテール追加してます。

W_RGM79_10.jpg
足首のシリンダーを作ってみました。
プラパイプにアルミシートを貼って、その両端にブラスパイプMAXをつけてます。
足首側にパイプスプリングで固定しています。
W_MSZ006_04.jpg
立ち姿。肩アーマーが小さいように感じたので1ミリプラ板で大型化。
フロントアーマーも小さいので中央で切断、1ミリ延長。この後回りをプラ板で囲んで更に大型化します。
脚部ですが箱絵とかだと脚が太腿、膝関節、脛でN字型みたいに少し曲げてます。
これ、まっすぐ膝伸ばすと膝アーマーの下に大きな隙間が空いて、すっからかんな脛の中身が丸見えになります。
というわけで膝アーマーの下側を2ミリ延長しました。これで綺麗に隠れます。
しかもギリギリ変形には支障ありません~♪


W_MSZ006_03.jpg
アニメ調の顔もカッコ良いのですが個人的にはもっとZプラスとか
カトキ絵っぽい方が好きなのでフェイス下側部分を削って小顔化。
シャープな顔立ちに。

W_MSZ006_01.jpg
脚部ですが、太腿側面パーツの後ろ側のエッジが丸っこいです。
そういうデザインなのか?よくわかりませんが、イメージと違うので
がりがり削ってエッジを立てて綺麗なC面を入れます。(整形後の写真忘れたw)

W_MSZ006_02.jpg
こちらは脛の側面部分。ここのエッジもなんか丸っこいのできちんと整えます。

W_MSZ006_05.jpg
足首アーマーです。先端がスバっと切れてるので(右)
綺麗に整形してうすうす攻撃します(左)

W_MSZ006_06.jpg
フロントアーマーの大型化が概ね終わりました。サフチェックしたらまた溝見つかりそうですが・・・。
肩アーマーの大型化も一応完了。肩と膝のアーマーは筋彫りが消えちゃってるので彫りなおします。
ひとまず大方の目処がついたので今日からフライングアーマーに入ります!


W_PMX003_01.jpg
ジ・Oです。でかいです。
基本的に素組みのつもりでいましたが、フロントアーマー上の腹部に
空間が開きすぎててどうしても気になったので、フロントアーマーを
8ミリほど上に延長してます。
あとはセンターアーマーにジャンクパーツつけたくらいです。
頭部の表面処理と、武器、各バーニア、手のひらの処理、改修した
フロントアーマーとかの表面処理とスジボリの彫り直しで完了です。
あぁ、それと動力パイプどうしようか・・・といった所ですね。