FC2ブログ
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□ RGC-80 GM CANNON ジム・キャノン
E.F.S.F. MASS PRODUCTION TYPE MIDDLE-RANGE SUPPORT MOBILE SUIT

HG_RGC80_01.jpg

HG_RGC80_02.jpg

HG_RGC80_03.jpg

HG_RGC80_04.jpg

HG_RGC80_05.jpg

HG_RGC80_06.jpg

HG_RGC80_07.jpg

HG_RGC80_08.jpg

HG_RGC80_09.jpg

HG_RGC80_10.jpg

HG_RGC80_11.jpg

HG_RGC80_12.jpg

HG_RGC80_13.jpg

HG_RGC80_14.jpg

HG_RGC80_15.jpg

HG_RGC80_22.jpg

HG_RGC80_23.jpg

HG_RGC80_24.jpg

HG_RGC80_16.jpg

HG_RGC80_17.jpg

HG_RGC80_18.jpg

HG_RGC80_19.jpg

HG_RGC80_20.jpg

HG_RGC80_21.jpg



□製作記
◇頭部
 ノーマルジムの部分は以前の物と同じ作業をしています。
 後頭部のアンテナはエポパテとプラ棒、真鍮線とスプリングで製作。
     
◇胸部
 胸部右側は、設定画や旧キットだと肩の内部関節どこいった!?状態なのが気に入らなかったので、
 HGUCガンダムの引き出だ式関節を残し、その上にキャノン砲を設置するようにしました。
 HGUCガンダムの右胸を一度切り取り、それに襟を接着、キャノン砲基部、胸部ダクト等を
 プラ板とエポパテで製作。ダクト内部にはエッチングのメッシュパーツを入れています。

◇腰部
 腰はふんどし部分をHGUCガンダムの物をゲージにプラ板で形状出し。黄色のVパーツもプラ板から作ってます。
リアアーマーには磁石を入れて、予備弾倉をマウントできるようにしてます。
◇脚部
 脚部は旧キットをベースに形状変更。設定の増加装甲を再現する為、中にHGUCジムの脚部が入ってます。
 切った詰めた伸ばしたで原型はほぼとどめてないです。ヒザアーマーはエポパテで製作してます。
 アンクルアーマーはHGUCの物にかぶせる形でプラ板にて製作。
 脚部1セット作ってからレジンで複製してます。    
◇武器他
 バックパックはHGUCジムをベースにジムキャノンぽく改造。シールドはプラ板にて作成してます。
 キャノン砲はジャンクパーツの砲身とプラ板にて作成してます。砲口にはアルミパーツを仕込んでます。

◇塗装
■レッド:Fブライトレッド+Fホワイト+蛍光オレンジ少量などなど。
□ホワイト:Fファンデーションホワイト。
■イエロー:黄橙色+イエロー+蛍光イエロー少量。
■ブラック:ミッドナイトブルー
■グレー(関節、バックパック等):ジャーマングレー+ホワイト。
■グレー(武器):ニュートラルグレー。

というわけで、やっとこさ完成しましたジムキャノン!旧キットとのニコイチで楽勝!と思ってたのですが、
あまりにあんまりな出来に、色々手を加えてたら全く別物になってました・・・。
旧キット使った部分はスネのゲージ程度ですよ(^^;
てかジムキャノン、結構かっこよくないですか?w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。