FC2ブログ
  • 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□ RX-178/FXA-05D SUPER GUNDAM スーパーガンダム
A.E.U.G PROTOTYPE MOBILE SUIT + SUPPORTING FIGHTER


HG_RX178_FXA05D_01.jpg



HG_RX178_FXA05D_02.jpg

HG_RX178_FXA05D_03.jpg

HG_RX178_FXA05D_04.jpg

HG_RX178_FXA05D_05.jpg

HG_RX178_FXA05D_06.jpg

HG_RX178_FXA05D_07.jpg

HG_RX178_FXA05D_08.jpg

HG_RX178_FXA05D_09.jpg

HG_RX178_FXA05D_10.jpg

HG_RX178_FXA05D_11.jpg

HG_RX178_FXA05D_12.jpg

HG_RX178_FXA05D_13s.jpg

HG_RX178_FXA05D_14s.jpg

HG_RX178_FXA05D_15.jpg

HG_RX178_FXA05D_16.jpg

HG_RX178_FXA05D_17.jpg

HG_RX178_FXA05D_18.jpg

HG_RX178_FXA05D_19.jpg

HG_RX178_FXA05D_20.jpg

HG_RX178_FXA05D_21.jpg

HG_RX178_FXA05D_22.jpg

HG_RX178_FXA05D_23.jpg

HG_RX178_FXA05D_24.jpg

HG_RX178_FXA05D_25.jpg

HG_RX178_FXA05D_26.jpg

HG_RX178_FXA05D_27.jpg

HG_RX178_FXA05D_28.jpg

HG_RX178_FXA05D_29.jpg

HG_RX178_FXA05D_30s.jpg

HG_RX178_FXA05D_31s.jpg

HG_RX178_FXA05D_32s.jpg

HG_RX178_FXA05D_33.jpg

HG_RX178_FXA05D_34s.jpg

HG_RX178_FXA05D_35.jpg

HG_RX178_FXA05D_36.jpg

HG_RX178_FXA05D_37s.jpg

HG_RX178_FXA05D_101.jpg

HG_RX178_FXA05D_100.jpg

□製作記  
◇改修点
セイラマスオさんのスーパーガンダムがカッコよかったのでそれを参考に製作。
初期HGUCで可動域が狭いのでその辺も改修。

全身に筋彫り追加、プラ板や市販パーツでディテUP、エッジ出し等。
デカールはGFFを参考に貼り付け。アナハイムやエウーゴなど幾つかの
デカールは自作。データもどっかにあるはず…(いります?)


◇頭部
フェイスがゴツくてイメージと違うのでHGUCガンダムか ら移植。
そのままだとクマドリが太いので幅を狭くして、ツインアイを作り直し。
口?の赤い部分はMk-IIの物なので、それに合うように受けの形を変更。
ちょっと優しい顔つきになっているはず…。


◇胸部
胸のセンサーを削り落としてプラ板で作り直し。

◇腕部
肩アーマーは肩のムーバブルフレームに直接接続。
そのままだと腕が上がらないので肩アーマーを三分割して可動するように変更。
肩のスラスターはプラ板でフィンを自作。

前腕は2mm延長。肘関節、上腕をジムクウェルの物に変更。
Mk-IIの前腕の中身をきれいにくり抜くと、ぎりぎりクウェルの関節が入ります。
前腕のシールド用の穴とクウェルの関節にあるシールド用の穴の位置が
ぴったり合うので、シールドやプラ棒突っ込んで固定。

手はMSハンド01連邦用を使用。そのままだと親指めり込んでいるのと
サイズが大きいのでニコイチで親指独立、削り込みで小型化。


◇腰部
フロントアーマーは左右独立可動に。フロントアーマーのスラスター?みたいな
部分は開口部を少し広げて、エバグリプラ板を底に貼付け。
各アーマー裏を塞ぐトラス状のディテをプラ板で自作。


◇脚部
太ももで2mm延長。股間 側の球体関節を綺麗に切り離し、横ロール追加。
脛は後ハメ兼ねて、膝アーマーと前後左右で5分割。
膝アーマーは膝関節に接続させて、動きに合わせて可動するように変更。
前と後ろの装甲は下側で数ミリ延長。
脹脛のスラスターは開口してプラ板でフィンを作成。

膝関節裏のパイプはメッシュパイプに変更。

アンクルアーマーはMGと同じようにアポジモーターをメタルパイプで追加。
足首は側面や上面をかなり削って小型化。
足首のシリンダーは真鍮パイプとプラパイプにハセガワミラーフィニッシュを貼ったもので別パーツ化。
基部で前後左右に動き、シリンダーも伸縮するようにし、足首の可動に追従するように。

◇バックパック
バーニアはメタルパーツに。
サーベル基部のパイプはメッシュホースに変更。

◇FXA-05D(Gディフェンサー)
全体にスジボリ等のディテール追加。
ミサイルハッチの蓋、本体との接続アーム部分を後ハメ化。
本体とミサイルベイの接続アームを別キットから流用。
ミサイルベイ内側を流用パーツやプラ板などでディテUP。
各スラスターにエバグリプラ板などでフィンを作りディテUP。

◇武器
ビームライフル、ハイパーバズーカ、シールド、ロングライ フル等々プラ板等でディテUP。
各センサーはラピーテープ。

◇塗装
☐ホワイト1:ファンデーションホワイト+ブラッ ク極少量
■ブルー1:スーパーディープブルー+ファンデーションホ ワイト少量
■レッド:ブライトレッド+ファンデーションホワイト
■イエロー:黄橙色+イエロー+ファンデーションホワイト +蛍光イエロー少量
■グレー1:ブラック+ファンデーションホワイト+ダーク アース
■グレー2:ニュートラルグレー
■グレー3:ミッドナイトブルー
☐ホワイト2(Gディフェンサー):ファンデーションホワイト
■ブルー2(Gディフェンサー):スーパーファインコバル ト+ファンデーションホワイト
   
2013年の静岡ホビーショー用に製作したんですが結局完成するまでに3年位かかってしまいま した。

ホビーショーは結局微妙に間に合わず、コジマ塾の方にも色々と迷惑をかけてしまった、ある意味思い出深い作品です。
しかも!Ziggyさんの第一希望MSだったようでさらに申し訳ない結果に…。

ホビーショーから2年半経ってしまいましたが、何とかようやくきちんと完成しました。
今見ると甘い所もいっぱいあるし、スジボリとかももう少し増やしたいんですけどね。

今年の夏のKCF参加にあたって、G-ディフェンサー部分をブラッシュアップ。
青いミサイルベイと本体をつなぐアーム部分ですが、ビルダーズパーツの武器セットにあった
アームを移植してカッコよく&可動するように。また、一度塗装落として全て塗り直してます。


リバイブMk-II出る前に何とか完成できて良かったです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。