FC2ブログ
  • 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□ RGZ-95 ReZEL リゼル
E.F.S.F. MASS-PRODUCED TRANSFORMABLE MOBILE SUIT

HG_RGZ95_01.jpg



HG_RGZ95_02.jpg

HG_RGZ95_03.jpg

HG_RGZ95_04.jpg

HG_RGZ95_05.jpg

HG_RGZ95_06.jpg

HG_RGZ95_07.jpg

HG_RGZ95_08.jpg

HG_RGZ95_09.jpg

HG_RGZ95_10.jpg

HG_RGZ95_11.jpg

HG_RGZ95_12.jpg

HG_RGZ95_13.jpg

HG_RGZ95_14.jpg

HG_RGZ95_15.jpg

HG_RGZ95_16.jpg

HG_RGZ95_17.jpg

HG_RGZ95_18.jpg

HG_RGZ95_19.jpg

HG_RGZ95_20.jpg

HG_RGZ95_21.jpg

HG_RGZ95_22.jpg

HG_RGZ95_23.jpg

HG_RGZ95_24.jpg

HG_RGZ95_25.jpg

HG_RGZ95_26.jpg

HG_RGZ95_27.jpg

HG_RGZ95_28.jpg

HG_RGZ95_29.jpg

HG_RGZ95_30.jpg



□製作記  
◇改修点
セイラマスオさんのリゼルの作例を参考にディテールアップ。
今回は各センサーのクリアーパーツ化、スラスターのディテールアップ。
各アーマー裏の肉抜き穴をキチンと埋める事を意識して作業。

全身に筋彫り追加、プラ板でディテUP、エッジ出し等。
デカールはGFFを参考に貼り付け。
コーションデカール含めほぼ自作デカールです。
ロンドベルマークはブラック塾長に頂きました。感謝。

◇頭部
アンテナが大きくメインカメラがほぼ隠れているので、左右のアンテナ上部を削り中央ブロック上部も削り込み。
メインカメラが良く見えるようになったはず。
ゴーグルの内部メカを筋彫りや市販パーツで再現。ジェガン系のモノアイ。
側頭部のダクトは開口してフィンを自作。バルカン砲は真鍮線で二重構造に。


◇胸部
胸部中央先端の前面の角度がほぼ垂直なので、削り込んで角度を調整。
肩のセンサーは下側の淵が成型の都合上無いのでプラ板で補完。
センサー自体は彫り込んでから透明プラ板でクリアーパーツ化。
リゼルの胸部は紺色のパーツが変形の為、前後で別パーツとなっているので
前部分の側面を裏打ちしてから元のC面が無くなるまで削り込み。
後ろ部分はエッチングソーで関節軸を根元の土台部分毎丁寧に切り離し
本体側を削り込んで幅詰めしてから接着。左右で3㎜前後幅詰め。

◇腕部
肩アーマーは後ろ側でセンサーユニットの部分で切り離して後ハメ化。
前面のセンサーはくり抜いて、二重レンズに。
腕はそのままだと真っ直ぐ下に伸ばせないので、肩の球状パーツの下側の淵を削り、可動範囲拡大。
前腕は肘側の白いパーツの裏側が肉抜き穴丸見えなのでパテ埋め。
手はコトブキヤの極め手。


◇腰部
フロントアーマーは左右独立可動に。付け根の○モールドは凸なのを凹に。
フロントアーマーのスラスターは開口して内側にエッチングパーツを貼り付けリニアスパイクノズルを再現。
各アーマー裏はパテやプラ板で塞いだりしてディテールアップ。
センターアーマーは裏側が肉抜き穴ガッツリなのでプラ板で蓋。


◇脚部
脚部のスラスターは彫り込んだり開口してからエッチングパーツでディテUP。
脛は、量産機という事を考えて左右対象の脚部本体に外側だけスラスターユニットを取り付けていると想定しながらディテールアップ。
脛本体と、側面スラスターユニットの境目のラインが一部おかしいので修正。
スラスターユニット中央部分の下側の形が設定画と違うので裏打ちしてから削り込み形状修正。

膝を曲げた際に脚部の内側が丸見えになるのでパテ埋めをして内部パーツ風に処理。
膝関節裏側はラピーテープを貼ってディテールアップ。

◇バックパック
センターブロック側面のセンサーはクリアーパーツ化。
左右のユニットの内側は流用パーツでディテUP。

◇武器
ビームライフルのエネルギーパイプは本体と繋がっているのでタガネで彫り込んで別パーツに。
センサーはラピーテープ貼り付け。
シールドはフィンを削り込んで薄く。

◇塗装
■グリーン:失念!
■ブルー1:スーパーディープブルー+ファンデーションホ ワイト少量
■グレー1:ブラック+ファンデーションホワイト+ダーク アース
■グレー2:ニュートラルグレー
■グレー3:ミッドナイトブルー
   
2016年の静岡ホビーショーで、コジマ塾のユニコーンコンペ用に製作。
出来が良く作っていて楽しいキットでした。
諸々の事情で写真撮影が遅くなってしまい、改修点とかの記憶があまりありません…。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。